HEADGOONIE

1985 ADVENTURE DENIM JACKET

blog119

1985 ADVENTURE DENIM JACKET
http://headgoonie.com/items/57ee5be1a458c08e560094bf

あの頃夢見た海賊の宝物もまだ発見できてないし、時間旅行もしてないし、大人たちを相手に七日間戦争もまだしていないけど、 冒険心はまだ胸の奥にちゃんと残っています。 いい年になってしまった中年グーニーズに向けた大人の冒険ジージャンを開発しました。

<COLOR>
INDIGO BLUE

<SPEC>
綿100%
12ozセルヴィッチデニム
ワンウォッシュ&ソーピング(柔軟)ウォッシュ仕上げ

<詳細サイズ>(加工上がり寸法。加工製品のため多少の誤差、個体差が生じる場合があります) M 肩幅44cm 身幅54cm 袖丈61cm 着丈63cm
L  肩幅46cm 身幅56cm 袖丈63cm 着丈66cm
XL 肩幅47cm 身幅58cm 袖丈64cm 着丈68cm

<デリバリー>
入荷しました。すぐに出荷できます。


<商品詳細>

<スタンダードながら細部までこだわり抜いたディテール>


(従来のジージャンよりも約5cm程度長めに設定された着丈とそれに合わせて調整されたオリジナルパターン)

img_4969

筆者が個人的に一番苦手な部分はジージャンの着丈。
スタンダードなものほど短ランのように短くて、現代のストリートファッションに溶け込ませて コーディネートするのは違和感があるため、ジージャンは好きなのに敬遠してしまう理由の多くはその着丈設定にありました。
まず、いわゆる従来の”ジージャン”よりも基本設定着丈を5cm程度長くしました。
下に着るTシャツMに対してMサイズをはおっても下のTシャツが スカートのようにならないちょうど良い感覚になるよう調整することにより、不快だった着丈問題を解消。 それに合わせて袖幅・AH、身幅も若干広めに調整し、ジージャンのシャープな見た目はそのままに、ゆったりと気持ちの良い着心地を創り出すことに 成功しました。


(着込めば着込むほど良い味を醸し出す頑丈で一生モノの12オンスセルヴィッチデニム)

blog124

12オンスという厚すぎず薄すぎず絶妙なバランスで、大事にはけば一生モノの耐久性も兼ね備えた濃紺セルヴィッチデニムを採用しています。 裏側両見返し部分にセルヴィッチ(生地の両端の耳部分。通称「赤耳」)を使用しています。


(宝物を奪われないように!? 内側に設置された非常に便利な大型内ポケットとその秘密)

blog122
blog123
前身頃内側下部/両側に、生成スレキ(ポケット布)仕様の大型内ポケットを設置しました。
(劇中のものはおそらく撮影のためにあとから手縫で取り付けられたものと推測できます)
ほとんどムネポケットを使用する機会のないジージャンにとって、ここに大型ポケットがあることは物理的に非常に便利。 ケータイ、タバコ、小型のものならサイフまでスッポリ収まってしまいます。

blog151
blog152

劇中でも大きな役割を果たすこの内ポケット。もちろん中には、ビー玉袋のオマケつきです。 フェイクスエード仕様のオリジナル巾着の中にはビー玉が入っています(ランダムに10個程度)。
このビー玉は、「マーブルキング社」製で、映画劇中で使用された同じものをペンシルベニアから取り寄せています。


(TAKE THE OATH, JOIN ADVENTURE! 冒険心を刻み込んだオリジナルボタン)


blog127

グーニーズのマイキーも、七日間戦争の宮沢りえも、BTTFのマーティーも、僕らの80sヒーローはみんなジージャンを着ていました。
ジージャンは僕らにとって唯一無二の冒険正装アイテムです。 ボタンはすべて、このジージャンのコンセプトでもある”ADVENTURE”を刻み込んだオリジナルタックボタンを採用しています。
真鍮色のものをマットブラックで塗装しているため、使っているうちにだんだんと塗装がはがれ下の真鍮色が見えてきてとても良い味を醸し出します。


(Lucky Rudy氏が手がけたイラストレーションを施した馬ホースレザーパッチ)

blog120
blog121
 uma
img_2076

内側襟部分には、岡山県福山市で加工された上質な馬革に、レザー専用染込インクでシルクスクリーンプリントを施した専用パッチがつきます。
パッチのデザインは日本を代表する造形アーティスト・Lucky Rudy氏が手がけています。


(濃紺インディゴの捺染を事前に考慮した生成りの綿糸と経年変化を楽しめる藍染ボタンホール)

img_5017

全体に使うメインの縫製糸には、落ち着いた色味の生成り色の綿糸を採用しています。 着込むうち、洗いを重ねるうちに徐々にインディゴが綿糸に捺染していき、独特で味のある色に変化していきます。
逆にボタンホール糸には、藍染の綿糸を採用しています。使い込むうちに天然染料特有の色落ち・経年変化を楽しむことができます。


(濃紺を保ちつつも最初のガチガチ感を味わわずに済む柔軟ウォッシュ&ソーピング、最低限のハンドブラスト加工)

blog115
blog113

新品デニムのガチガチ感を味わわずに済むように、ワンウォッシュにより糊を落とし、その後ソーピング(特殊な石鹸を入れて柔軟をかけるウォッシュ加工)仕上げを施し、柔軟性を高めています。
首周り、前身頃、ヒジ、袖のヒゲなど、薬品ハンドブラストで最低限の陰影をつける加工をほどこしています。 デニムの濃紺が残っているため、着込むうち、何度か洗ううちに紺色が加工部分にも捺染し、全体にほどよく馴染みます。
着る人それぞれの経験変化、色落ちをお楽しみください。


縫製から加工まですべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパンの一級品です。


img_4959

Every Garment Guranteed」(すべての 商品の品質を保証)
・大戦モデルを模した亜鉛素材のオリジナルボタン&リベットを採用しているという特性上、大きな力をかけたり、過失がなくともボタンやリベットがお洗濯や取り外し時にごく稀に外れてしまう場合があります。
その他にも不具合が出た場合、生地の破れ等修復不可能な場合や、過剰過失でない限り、ご連絡いただけましたら無料にて修理保証をさせていただきます。


入荷しました。すぐに出荷できます。

to_top