HEADGOONIE

HEADGOONIE DEALERS

HEADGOONIEのアイテムは以下の店舗で取り扱い中です。
(入荷状況は各店舗にお問い合わせください)

 HEADGOONIE DEALERS

THUNDERS
49 Commercial Street, London, E1 6BD. United Kingdom.
http://www.thunders-shop.com/

WARP
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-31-16 GATO WEST 402, 403
06-6180-4413
http://warp.shop-pro.jp

A.dore
札幌市中央区南3条東1丁目4 アルファ創成川公園ビル 1F
011-271-3969
http://www.adore-snowcity.com/

MADSECTION

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-24-11宝山ビル108A
03-6914-3043
http://mad-section.com/

SURE-SHOT
〒370-0054
群馬県高崎市真町64-7
027-321-7690
http://www.sure-shot1.com

 JETLINK
〒272-0034
千葉県市川市市川4-10-26 3F
047-373-9300
http://www.jetl.com/

EVERYTOKYO
〒150-0011
東京都渋谷区恵比寿西1-13-7-402
03-6670-8583
http://every-tokyo.net
※ 不定期(年2回程)で一点モノ個展を開催しています。通常営業はしていません。

会社概要

グーンダックスタジオ

・代表者名 : 大八木未来
・所在地 : 〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-37-5-201
・TEL:03-6431-0958
・HEADGOONIE OFFICIAL SITE:http://www.headgoonie.jp
・お問合せメールアドレス:info@headgoonie.jp

WHAT’S HEADGOONIE?

blog82

『GOONIE』(グーニー)

とは、直訳すると素行が悪い、野暮ったいetcの意味。
映画『グーニーズ』の中で、主人公のマイキーは「退屈」という意味で使っていて、 僕らもそちらで捉えています。

80s冒険映画に影響されたグラフィックデザインを水性インク・シルクスクリーンを使用して表現することにより、意図的ではないカスレや滲み、版ズレが生じ、シルクスクリーンがまだ発展途上だった頃のような、懐かしさ・温もりを感じるプリントクオリティーを演出しています。

また、縫製ウエアは天然素材を積極的に用いて、広島・岡山に生産の拠点を置き、京都の友禅染めや奄美大島の藍染など日本の伝統的技術を取り入れ、親から子へ受け継ぐことのできるスタンダードな見た目でありながら、どこかに忘れかけていた冒険心をくすぐるトリックを取り入れています。

一見は「手作り」「日本製」にこだわった唯一無二のウエアでありながら、大人になって忘れかけてしまった冒険心を呼び起こしてくれるギミックが裏に隠されている。HEADGOONIEはそんな衣類づくりを目指しています。

 

blog83

HEADGOONIE HISTORY

2001年

退屈な毎日に飽き飽きしていたフリーター、ニート、ダメ人間たちによってオチコボレ海賊団・東京グーニーズ結成。

フリーペーパー『東京10:45』創刊。

インディーズTシャツブランド『EmmettBrown(エメットブラウン)』立ち上げ。

恵比寿にデザインオフィスGOON DUCK STUDIOを設立。

 

2003年

ドメスティック・ストリートブランドとして全国セレクトショップ展開をスタート。

 

2004年

渋谷区東に『EmmettBrown』のフラッグショップでもあり、ブランドコンセプトでもある冒険、SF、精神世界などの古書を扱ったBOOKSHOPでもある『 HEADGOONIE BOOKSTORE』をオープン。(2006年閉店)

 

2009年

ブランド名を『HEADGOONIE(ヘッドグーニー)』に改名し、

自社内にシルクスクリーン製版・プリント機能を導入。

製版サービス、インク・スキージ等のプリントグッズ販売を開始。

 

2010年

スタジオを世田谷区用賀に移転し、個人事業として独立。

 

2012年

自社出版レーベル『HEADGOONIE BOOKSTORE』(http://headgooniebookstore.jp

をスタート。

『インディーズTシャツブランドのつくり方完全ガイド』『HEADGOONIE T-shirts MAGAZINE』等のTシャツ、シルクスクリーン関連の書籍、雑誌の発刊を開始。

 

販売するすべてのシルクスクリーンアイテムを1枚1枚自社スタジオ内で手作りでプリントし、縫製アイテムは広島・岡山を中心とした日本国内で製作し、「手作り」「日本製」にこだわったモノづくりを展開しています。

制作者プロフィール

 

大八木未来(おおやぎみき)プロフィール

HEADGOONIEデザイナー

1978年  千葉県生まれ。

2001年 フリーペーパー『東京10:45』を創刊。

インディーズTシャツブランド『EmmettBrown』を立ち上げる。

2009年 ブランド名を『HEADGOONIE』に改名。

自社内にシルクスクリーン機能を導入。製版サービス、プリントグッズ販売を開始。

2010年 スタジオを用賀に移し、個人事業として独立。

2012年 自社出版レーベル『HEADGOONIE BOOKSTORE』をスタート。

 

 

 

オオヤギみきの著書

<大八木未来の著書>

『それでもお店をつくりたい人のためのガイドブック-HEADGOONIE BOOKSTOREの出来るまで-』(2004年/飛鳥新社)

『東京退屈日記-TOKYOGOONIEDAYZ-(29歳編)』(2008年/アドベンチャーブックス)

『東京10:45 COMPLETE BOOK』(2009年/サンクチュアリ出版)

『作って売って喰う!HEADGOONIE SCHOOL T-SHIRTS BOOK』 (2009年/サンクチュアリ出版)

『INDIES T-SHIRTS BRAND GUIDE BOOK インディーズTシャツブランドのつくり方完全ガイド』(2012年/HEADGOONIE BOOKSTORE)

『HEADGOONIE T-shirts MAGAZINE vol.01』(2013年/HEADGOONIE BOOKSTORE)

『 HEADGOONIE T-shirts MAGAZINE vol.02』(2013年HEADGOONIE BOOKSTORE)

『HEADGOONIE T-shirts MAGAZINE vol.03』(2014年HEADGOONIE BOOKSTORE)

HEADGOONIEの特色

FRESH SCREEN PRINT

20120427030941

HEADGOONIEのプリントウエアは工場生産ではなく、自社内のスタジオにて製版したシルクスクリーンを使い、デザイナー本人が1枚1枚手作りで制作しています。お客様からオーダーをいただいてから、1枚1枚心をこめてプリントしたのちに、お届けしています。
作り手本人がみずから手を動かし、1点1点制作することによって、大量生産では出せない、覇気・愛情が商品に宿ると信じて、このような制作行程をとっています。


 

SOME INK AND SILKSCREENS ARE WAITING TO TAKE YOU TO THE ADVENTURE WORLD

squeezee

HEADGOONIEのプリントウエアを制作するために使われているシルクスクリーンをはじめ、インク、スキージ、プリントテーブルに至るまでのプリントグッズすべてをWEB SHOPにて販売しております。

「手刷り」というとこれまでは、ズレていたりカスレていたり、1枚1枚クオリティーの違うものを指していましたが、
HEADGOONIEが提案するプリントグッズを使えば、工場生産とほぼ代わりないクオリティーのプリントを自宅で刷ることができます。

「手刷り」のイメージと技術の向上を目指しながら、HEADGOONIEと同じくWEB上でインディーズブランドをやっている人やバンドのマーチャンダイジンググッズからお祭り、チャリティーグッズまで、「手作り」でモノづくりをする人たちをサポートしていきたいと思っています。
「画材」の一つとしてシルクスクリーンがもっと身近なものになり、シルクスクリーンは簡単で楽しい画材であることを伝えていきたいと思っています。


 

MADE IN JAPAN

mij

HEADGOONIEの縫製ウエアはすべて日本国内にて製造されています。
Made in Japan(メイド・イン・ジャパン、日本製)は、日本で製造された製品であることを示す表記です。

この表記のある製品は品質の高い製品として世界中に知られています。ヘッドグーニーは「日本製」にこだわり、
奄美大島の藍染や京都の友禅染などの日本の伝統的な技術を積極的に取り入れ、
日本人にしかできない最高技術の繊細で高品質な縫製やプリントを施し、世界から注目される最高品質のウエアを制作しています。

カスタマーサポート

商品に関するご不明な点、ご質問がございましたら、メールまたはお電話にてお気軽にお問合せください。
担当者が丁寧に対応させていただきます。

MAIL/  info@headgoonie.jp

TEL/03-6431-0958
受付時間:平日13:00~20:00(土日祝・休)
※ 展示会期間や出張時等、上記時間内でも対応できない場合がございますが、ご了承ください。

to_top