HEADGOONIE

REVERSE WEAVE CREWNECK SWEAT

購入ページへ

blog27

REVERSE WEAVE CREWNECK SWEAT
http://headgoonie.com/items/588325c3c3b8df9205009351


今季HEADGOONIEのテーマは”炭”。

炭には燃料としてだけではなく、空気を浄化したり、食べ物を美味しくしたり、消臭、抗菌さらには浄水効果など、さまざまな不思議な力があります。
今季、HEADGOONIEでは炭の持つその不思議な力に注目。
砕いて粉末状にした炭で染料(炭汁)をつくり、衣類を染色。服にその不思議な力を宿らせることに成功。縫製はカットソーの聖地・東京江戸川。広島県福山市にて、炭染と藍染の2色展開で染め上げました。


<MATERIAL> 
綿100%
(約12オンスのヘビーウェイト裏起毛スウェット生地を採用しています)
リバースウィーブ仕様

<COLOR>
(1)藍染
(2)炭染

<詳細サイズ>(加工製品のため、多少の誤差が生じる場合があります。あらかじめご了承ください)
M 着丈69cm 身幅53cm 肩幅46cm 袖丈56cm
L  着丈72cm 身幅55cm 肩幅48cm 袖丈57cm
XL  着丈74cm 身幅57cm 肩幅50cm 袖丈58cm

<デリバリー>
入荷しました。すぐに出荷できます。



blog28
blog44
blog33

Hirori (Swanohouse)
175cm/65kgで藍染クルーネックスウェットのXLを着用。

Honda (TokyoGooniez)
168cm/85kgで炭染パーカーのXLを着用。


約12オンスのヘビーウェイト裏起毛スウェット生地で縫製した、HEADGOONIEオリジナルの
クルーネックスウェットです。


<襟周りは1940年代から現代まで脈々と受け継がれるディテール、ダブルバインダーを採用>

blog29
blog46

襟の縫製方法はバインダーを採用しています。
バインダーとは、「ラッパ管」という特殊なミシンアタッチメントを使用して、三つ折りにした生地を巻き込みながら縫っていく特殊な縫製方法です。

このスウェットでは、バインダーの上からさらにわずか7mmのもう1本のバインダーを重ねて
縫い付けていく、非常に手間のかかるダブルバインダーという縫製方法を採用しています。
ダブルバインダーは、主に1940年代頃に用いられていた用法で、襟周りを頑丈に補強してくれます。
さらに前Vリブをプラスし、シンプルな型の中で洗練されたオリジナリティと存在感のあるアクセントになっています。

<腕を上げたり、モノを持上げたり日常生活の動きをスムーズにするリバースウィーブ製法>

blog45
blog48

身頃には、リバースウィーブという製法を採用しました。

<リバースウィーブとは?>

1934年、ニューヨーク州ロチェスターでチャンピオン社が開発した特殊製法です。
普通のスウェットシャツは生地を縦使いしているため、洗濯を重ねるうちに、着丈がどんどん縮んでしまいます。そこで、身頃部分の生地を横使いすることにより、急激な縮みを劇的に解消。
さらに両サイドをリブ仕様にすることにより、かがんだり、手を上げたり、何かを持ち上げたりなどの動きに
合わせてリブが適度に伸縮・対応してくれるため、窮屈さがなく素晴らしい着心地を作り出してくれます。スポーツなどの激しい動きにも最適です。

<1950年代頃のフライトジャケット等に採用された特殊な形状のリブを採用。いつもとは違うタグ位置にも注目>

blog47

袖口リブには、1950年代頃にTYPE G-8等のフライトジャケットに用いられていたタイプのリブを採用。腕の半分くらいまでリブがあるため、手首周りやヒジの動きに対応し、袖捲りしたときの窮屈さも解消してくれます。

HEADGOONIEではスウェット&クルーネックの袖口につくHEADGOONIEネームは、もう10年以上ずっと、基本的に左袖口表側につけてきましたが、今回はあえて少し位置を変更。
右袖口の裏側にタグを施しました。いつもと違う違和感をお楽しみください。

<HEADGOONIE2017SSのテーマは炭。その不思議な力を衣類に宿らせることに成功>

blog36
blog49

今季HEADGOONIEのテーマは”炭”です。
炭には燃料としてだけではなく、空気を浄化したり、食べ物を美味しくしたり、消臭、抗菌さらには浄水効果など、さまざまな不思議な力があります。
今季、HEADGOONIEでは炭の持つその不思議な力に注目。
砕いて粉末状にした炭で染料(炭汁)をつくり、衣類を染色。服にその不思議な力を宿らせることに成功しました。

スウェットの縫製作業は、カットソーの名産地・東京江戸川で行い、
広島県福山市にて、炭・藍の2色展開で染色。
最後にアタリを出し全体の雰囲気を増すために、ストーンバイオウォッシュを施し、
味のある美しい風合いに仕上げました。
着込めば着込むほど染料と生地が馴染み、さらに素晴らしい経年変化を醸し出します。
所有者様それぞれの色落ち、変化をお楽しみください。

最初のうちは、他の衣類に染料が移染する場合がありますので、単品でのお洗濯をお勧めいたします。
綿100%製品のため、大幅な縮みが出る可能性がありますので、乾燥機のご使用はお避けください。

すべて一点一点職人が手作業で染め上げた手作り製品です。
色やムラ感、風合い、若干のサイズに多少の誤差が生じる場合がありますが、手作りの一点モノということをご理解いただき、あらかじめご了承ください。

縫製から染色まですべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパン製品です。

入荷しました。すぐに出荷できます。
















購入ページへ

to_top